バラ

2012/07/03 Tue 08:36

この季節ちょっとご注意を! 

走行中にエンジンルームから水蒸気が噴出した〜! 

これはオーバーヒートかもしれません。 

オーバーヒートとは、エンジンが通常なら冷却されるところが、去れずに過熱して起きる現象です。
 
オーバーヒートが起こる原因には、冷却水不足が主な理由になります。オーバーヒートが起きると、エンジン部分より、白い水蒸気が噴出し、異臭をはなちますのですぐわかります、もしこの様なケースがおきたら、速やかに車両を停止しましょう。
 
決してラジエーター周りのふたなどを、開けようとしないでください。そして、自然に温度が下がるのを待ち、温度が下がったら、冷却水の補充を行ないましょう。ただし、緊急なため普通の水でも構いません、補充にするにあたり、しっかりとした技術を、持っている人が行なってください。
 
温度が下がっても決して走行してはいけません。大きなトラブルになります。(エンジンが焼け付く等)レッカーサービスなどにお願いしてください。
 
オーバーヒートは、常日頃の点検で十分に防ぐことができますので、日常点検を行い、トラブルを防ぎましょう。
 
一番に見る所は冷却水のサブタンクの液量です、極端に減っておれば要注意です、クーラントには凍結防止のほかに防錆という役割を持っています。
 
凍結防止の役割は、2年交換しなくてもすぐになくなりはしませんが、防錆という役割は2年ほど使うとなくなってしまいます。なので車検ごとにクーラントを入れ替えないといけないということが言えます。
 
最近では、長寿命タイプのスーパークーラントを使うようになって来ました。
 
スーパークーラントを使っていても、使用期限はきちんと守ってくださいね。
 
使用期限が来たクーラントは交換しないとオーバーヒートの原因になります、クーラントって、水冷エンジンなんですからとても大切なんですよね。

〈角谷〉
カドヤ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »