バラ
この季節ちょっとご注意を

最近どうもエアコンの効きが良くないような気がする……。
そんなときに真っ先に疑うのが、エアコンガスの漏れではないでしょうか? ではそもそも同じエアコンでも、家庭用エアコンではガス漏れで効きが悪くなるという話はほとんど聞かれないのに、なぜクルマ用エアコンのガスは漏れるのでしょうか。

実はエアコン自体の仕組みは、クルマ用も家庭用もほとんど同じようなものです。コンプレッサーの駆動方式やガスの種類などに違いは見られますが、基本的には同じメカニズムで冷風を発生するクーラー機能を作動します。その違いとは、実は使用する環境の違いにあります。

クルマでは走行中、常に様々な振動が発生します。そうした振動を吸収するため、エアコンの各パーツを繋ぐホースにはゴム製の柔軟な配管が部分的に使用されています。しかし、その接続部はというと、メネジ・オネジが切られた金属製のジョイント(フィッティング)によって繋がれているだけなのです。

またゴム製のホースからは、特に穴などが開いていなくとも、非常に粒子の細かいエアコンガスの分子が徐々に漏れ出すため、特にガス漏れの形跡が見られなくとも、クルマ用エアコンのガスは徐々に漏れてしまうようです。

それで、エアコンガスが漏れやすいというのは、多くのドライバーが経験的にご存じかと思います。そこで、てっとり早く効きを取り戻すために、ガスの補充を行う例が多いようです。もちろん、それは間違いではありません。エアコン故障のほとんどのケースが、このガス漏れが原因となっているからです。

また、エアコンのサイクル内にはガスと一緒にコンプレッサー内部を潤滑するためのオイルが混ざって循環しています。そのため、ガスが漏れるときにはこのコンプレッサーオイルも合わせて漏れ出てしまうのです。エアコンガス補充の際はコンプレッサーオイルの補充も必要なケースもあります。


〈角谷〉


アップル東大阪のホームページはこちら
カドヤ | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »